オーディオ

神様を愛しているなら、必ず神様の掟を守らなければならない。

安息日は神様の掟であり、聖なる日であって
神様とその民をつなぐ重要なしるしとなり、
天で罪を犯し追い出されてきた人類の罪を赦してくださって
再び永遠の安息に入ることができるように、祝福を許された日だ。
(聖書の中の確かな証拠:安息日は七日目の日、つまり土曜日だ。)